ガンストブログ!ガンスリンガーストラトス公式ブログ

第三回 マシンピストル製作ブログ(運営・宣伝担当)

皆さん、こんにちは。
引き続き、しづねのWPでおなじみのマシンピストルLV3の作り方の続きをご紹介します。
第3回目の今回はいよいよ仕上げです!

(14) リアラボード以外のパーツを塗装していきます。まずは刃の部分を塗装します。
プラ板で作ったブレード部分にマスキングしていきます。
マスキングテープと、模様部分はカッティングシートを使用しました。

sidune_machinepistol_14-1.jpg

sidune_machinepistol_14-2.jpg

(15)塗りわけしていきます。さっき塗ったところとは逆の水滴模様をマスキングしてプラモデル用の塗料でエアブラシ塗装します。

sidune_machinepistol_15-1.jpg

(16)慎重にマスキングを剥がしてブレード部分の完成です。

sidune_machinepistol_16-1.jpg

(17)塗装が終わったパーツと合皮を貼ったリアラボードパーツを組み合わせていきます。
かなり完成に近づきました。

sidune_machinepistol_17-1.jpg

(18)完成かとおもったら、じつはここからが長い仕上げ作業です。
マガジンの部分のキザギザ模様を0.5mmのプラ板を切り出して塗装し、接着剤で固定します。

sidune_machinepistol_18-1.jpg

(19)塩ビパイプと針金で作ったサイトを取り付けて・・・

sidune_machinepistol_19-1.jpg

(20)マズルやストックなどの硬質パーツも塗装して取り付けて・・・

sidune_machinepistol_20-1.jpg

sidune_machinepistol_20-2.jpg

【おまけ3】一方その頃、小型火炎放射器の硬質素材の部分も同じ色で塗装します。

sidune_machinepistol_OM3-1.jpg

【おまけ4】前回型紙で確認していたリアラボード部分も、皮を貼ってパーツを仕上げます。

sidune_machinepistol_OM4-1.jpg

(21)終わりが見えてきてからが長い長い仕上げの末、ついに完成です!

sidune_machinepistol_21-1.jpg

sidune_machinepistol_21-2.jpg

sidune_machinepistol_21-3.jpg

sidune_machinepistol_21-4.jpg

ついに完成です!
完成までのおおよその時間は約150時間でした。

次回からはもっとマニアックな細かい部分にスポットを当ててご紹介していきます!

今回作ったマシンピストルと小型火炎放射器はそのうち皆様にご覧いただける機会があるかと思いますので、お楽しみに!

 ■協力・宣伝■
○本企画の協力・宣伝について
本企画、武器制作および武器制作過程の公開については、株式会社リアラ様(ウレタン素材「リアラボード」)のご協力を頂いております。
○リアラボードとは?
柔軟な加工・変形性により様々な造形をサポートできるウレタン素材「リアラボード」は、長くコスプレイヤーの皆様をはじめ、プロの現場造形シーンでも支持されている素材です。株式会社リアラでは、コスプレ向けにより使い安いサイズや種類を豊富に展開しております。
公式通販サイトをはじめ、各種コスプレ専門店にて販売しております。詳しくはリアラボード公式サイト realaboard.com をご確認ください。

TOP