第三回 ガトリングガン製作ブログ

運営・宣伝担当
2015
11.19
(THU)

皆さん、こんにちは。
鏡磨のガトリング製作記の第3回目です!
今回はいよいよ仕上げ!
実はここからが長いのですが、ストフェスまであともうわずかという事で駆け足でご紹介しちゃいます!


21)箱組みした本体中央部の側面の凹凸を、積層したリアラボードで作ってから合皮を貼ります。
角が多いので、合皮の接ぎを良く工夫しながら貼っていきます。

Kyoma-Gatling21-1_1.jpg

22)マスキングで保護して塗装で模様を入れます。凸凹が多いので大変ですが、慎重に入れていきます。

Kyoma-Gatling22-1.jpg

23)本体上部も塗装で模様を入れます。
凹みの青ラインも合皮で入れました。

Kyoma-Gatling23-1.jpg

24)凹み部分にウェザリング(汚し塗装)を入れます。
実際に存在するとしたら構造上どこに汚れや煤がたまりやすいのかを想像しながら汚していきます。

Kyoma-Gatling24-1.jpg

25)角や凸の部分など『実物だったら塗装がはげやすい所や傷がつきやすい所』に剥げ塗装を追加します。
本来は削れて出てくる金属の質感を上から塗り足します。

Kyoma-Gatling25-1.jpg

26)すべてのパーツを組み合わせて完成!

明日のストフェスで実物が登場します!是非足を運んでみてくださいね!

Kyoma-Gatling26-1.jpg

■協力・宣伝■
○本企画の協力・宣伝について
本企画、武器制作および武器制作過程の公開については、株式会社リアラ様(ウレタン素材「リアラボード」)のご協力を頂いております。
○リアラボードとは?
柔軟な加工・変形性により様々な造形をサポートできるウレタン素材「リアラボード」は、長くコスプレイヤーの皆様をはじめ、プロの現場造形シーンでも支持されている素材です。株式会社リアラでは、コスプレ向けにより使い安いサイズや種類を豊富に展開しております。
公式通販サイトをはじめ、各種コスプレ専門店にて販売しております。詳しくはリアラボード公式サイト realaboard.com をご確認ください。

  • PREV
  • TOP
  • NEXT