第二回 マシンピストル製作ブログ

運営・宣伝担当
2015
8.25
(TUE)

皆さん、こんにちは。
前回に続き、竜胆しづねのWPでおなじみのマシンピストルLV4の作り方の続きをご紹介します。
第2回目の今回は仮組から貼り付けまでの過程をご紹介したいと思います。

⑦前回仮組して確認したリアラボードに合皮を貼っていきます。
まずは形が問題ない事を確認したら、ばらしてリアラボードにGボンドを塗っていきます。
sidune_machinepistol_07-1.jpg

sidune_machinepistol_07-2.jpg


⑧合皮の方にも裏面にGボンドを塗っていきます。必ずリアラボードと合皮の両方に塗るのがポイントです。
sidune_machinepistol_08-1.jpg

sidune_machinepistol_08-2.jpg


⑨Gポンドを塗ったウレタンに合皮を貼っていきます。気泡やしわが入らないように、伸ばしながら貼っていきます。
sidune_machinepistol_09-1.jpg


⑩ハサミを上手に使って合皮の端を綺麗にカットしていきます。
もとのデザインのピンクをミントグリーンでサンドイッチしたデザインを再現するためにパーツは5枚に別れています。
sidune_machinepistol_10-1.jpg


⑪組み立てが先か、生地貼りが先かを考えながら、組みと貼りを繰り返します。
途中、本体の上部のねじ穴っぽい部分も穴を開けて作ります。
sidune_machinepistol_11-1.jpg

sidune_machinepistol_11-2.jpg


⑫合皮を貼ったパーツを組み上げます。
sidune_machinepistol_12-1.jpg


⑬マズルやトリガーなどの細々したパーツはパイプとプラ板を使って作っていきます。
sidune_machinepistol_13-1.jpg


【おまけ】パイプとプラ板を利用して、火炎放射器も作っていきます。
sidune_machinepistol_OM-1.jpg

sidune_machinepistol_OM1-2.jpg 


【おまけ②】プラ板で作る部分と、リアラボードで作る部分の型紙を組み合わせてバランスを確認。
sidune_machinepistol_OM2-1.jpg


今回はメインの本体部分が組みあがりましたので、次回はいよいよ仕上げです!
ブレード部分の取り付けや、火炎放射器もご紹介できると思いますのでお楽しみに!

■協力・宣伝■
○本企画の協力・宣伝について
本企画、武器制作および武器制作過程の公開については、株式会社リアラ様(ウレタン素材「リアラボード」)のご協力を頂いております。
○リアラボードとは?
柔軟な加工・変形性により様々な造形をサポートできるウレタン素材「リアラボード」は、長くコスプレイヤーの皆様をはじめ、プロの現場造形シーンでも支持されている素材です。株式会社リアラでは、コスプレ向けにより使い安いサイズや種類を豊富に展開しております。
公式通販サイトをはじめ、各種コスプレ専門店にて販売しております。詳しくはリアラボード公式サイト realaboard.com をご確認ください。

  • PREV
  • TOP
  • NEXT