第一回 マシンピストル製作ブログ

運営・宣伝担当
2015
8.14
(FRI)

みなさんこんにちは。
突然ですが、「ガンスリンガー ストラトス」とはいえばやはり武器!ガン!ということで、今年の春に開催された「AnimeJapan2015」にて、主人公・風澄 徹の「ハンドガンLV4」を制作し、お披露目させて頂きました。

0003.jpg

こちらが非常に好評でして、その後展示させて頂いた表参道の期間限定コラボカフェ「ブリーフィング・ルーム」でもたくさんのお客様にご覧頂くことができました。そこで...

オフィシャル武器制作第二弾!ということで、今度は竜胆しづねの「マシンピストルLV4」の制作をひっそりと開始していたりするのですが、せっかくなので、こちらの制作過程を本ブログにて公開していくことにしました!

※本企画、武器制作および武器制作過程の公開については、株式会社リアラ様(ウレタン素材「リアラボード」)のご協力を頂いております。

■第一回「竜胆しづね・マシンピストルLV4」型紙~切り出し編■
本日は竜胆しづねのWPでおなじみのマシンピストルLV4の作り方をご紹介します。
第一回目の今回は、型紙から切り出しまでの過程をご紹介したいと思います。

【準備するもの】
 リアラボード(今回は3mmと5mmの黒を使用)
 合皮
 プラ板
 パイプ
 Gボンド等

①まずは1/1で設計図を引いていきます。今回はCADを使用しました!
sidune_machinepistol_01-1.jpg

sidune_machinepistol_01-2_fix.jpg

②設計図をもとに、工作用紙を使って型紙を作ります。
sidune_machinepistol_02-1.jpg

③工作用紙で作った型紙をリアラボードにトレースします。
今回は黒いリアラボードを使用していますので、見やすいようにポスカを使って型紙をなぞって写ました。
sidune_machinepistol_03-1.jpg

④トレース線に沿ってリアラボードからパーツをカッターで切り出します。
良く切れるカッターでも、すぐに切れ味が落ちてくるので、どんどん刃を新しくして行きましょう。
sidune_machinepistol_04-1.jpg

⑤切り出したパーツを仮組してバランスを確認します。だんだん形がわかってきました。
sidune_machinepistol_05-1.jpg

sidune_machinepistol_05-2.jpg

⑥ブレード部分はプラ板で製作します。
薄いプラ板を重ねて厚みを出しつつ、刃の部分はパテで滑らかにして再現します。
sidune_machinepistol_06-1.jpg

今回は大まかなパーツの切り出しまででしたが、
次回は合皮を貼って色を付けていく行程をご紹介します!お楽しみに!

■協力・宣伝■
○本企画の協力・宣伝について
本企画、武器制作および武器制作過程の公開については、株式会社リアラ様(ウレタン素材「リアラボード」)のご協力を頂いております。
○リアラボードとは?
柔軟な加工・変形性により様々な造形をサポートできるウレタン素材「リアラボード」は、長くコスプレイヤーの皆様をはじめ、プロの現場造形シーンでも支持されている素材です。株式会社リアラでは、コスプレ向けにより使い安いサイズや種類を豊富に展開しております。
公式通販サイトをはじめ、各種コスプレ専門店にて販売しております。詳しくはリアラボード公式サイト realaboard.com をご確認ください。

  • PREV
  • TOP
  • NEXT