シューが主観で語るガンスト解説 ~千葉編~

公式サポーター
2015
7.15
(WED)

 はいはい~。公式サポーターのシューでーす。"シューが主観で語るガンスト解説~ステージ解説編~"第3回目は高低差が激しく、かなり広い千葉ステージの解説をしていきますよ~!

chiba_01.jpg

■千葉編その1 高所の確保と破壊されない看板の利用

 千葉ステージは前作にも存在した高低差の激しいとても広いステージです。ここでカギになるのがズバリ上記写真で言う左側の建物になります。この位置は千葉ステージ内で最も高い位置になり、高所からの攻撃が有利な『ガンスト2』においてとても大切な場所と言えます。

chiba_02.jpg

 日本橋ステージと同様に射線が開けており撃ち合いになりやすいものの、ここでは攻撃で破壊されない特殊な看板が存在しており、これらを盾にすることで被ダメージを抑えられます。ただし爆風は貫通するので相手の持つ武器を考えて隠れるようにしましょう。

chiba_03.jpg

 基本的には高台からの攻撃が中心になります。そのため、中遠距離系の武器を持つWPが活躍しやすいステージですね。反対に射程の短い武器の多い前衛向けのWPは戦いにくい傾向にあります。

chiba_04.jpg

 また、正面からの撃ち合いにはなりにくいので、指向性シールドなどの盾による前線維持にはあまり向いていないのも挙げられます。広めのステージだけにスプレッドビームランチャーやプラズマ波動砲、サイキックバインドなどの広範囲武器が有効です。

chiba_05.jpg

■千葉編その2 各ポジションのオススメWP

chiba_06.jpg

 前衛役は、広いステージなので日本橋の時と同様に機動力で相手に接近していく羅漢堂旭の紅蓮型「ウォーリア」や篠生茉莉の標準型&強襲型「スキャンパー」などがオススメ。

 先のWPに比べると機動力は下がりますが、ジョナサンの標準型「テンペスト」もスプレッドビームランチャーによる制圧力の高さからオススメに挙げられます。

 前衛役で大切なのは、いかに高所へ登るか? になります。味方が戦っている所に紛れて乱戦にさせたり、一直線に高台に向かわず周囲のビルを経由して接近するなどを試すといいですね。

 また、接近したい相手の中後衛が高所にいる際に下から普通に登るとターゲットラインによって気付かれて迎撃されることもあります。そういう場合は、フリーカメラにして接近するだけでも気付かれずに高所にたどり着くことがあります。もちろんリスタートで強襲することも忘れずに。

 中衛役は高台に登る相手への攻撃、または高台にいる相手への攻撃を考えると大体射程50~70m前後の武器があるのが望ましいです。主にレーザー系の武器やマシンガン、ガトリングガン系ですね。衛星迫撃砲、衛星ビーム砲によるアプローチも強力です。

 中衛としては相手を高台にキープさせ続けないのが大切ですね。そして自分が占拠し、有利に立ち回れるようにするのが重要な立ち位置になります。

 高低差が激しい分、直線的な武器の多い後衛役は位置取りが難しいです。あえて一番高い建物を避け、近くの高いビルの上を陣取ることも大切になります。回復役は中衛役の味方の近くにいるのを心がけるのが良いですね。とくにヘッドショットを入れやすくなる関係で高所は譲れないと思います。

■千葉編その3 オススメリスタートポイント

chiba_08.jpg

 千葉の主なリスタート地点は大きく分けて写真の3点。1は千葉ステージでもっとも大切な高所である高台。破壊されないふなっしーの看板もあり、いざというときは防空壕的な役割もできます。

 2は1と同じ高さのビルで、相手が1に固まってる時にリスタートして攻撃する際に最適。また戦闘開始位置B側の後衛がこの高台にいることも多く、リスタートによる強襲が便利です。

 3は主戦場が中央になっている際にリスタートする場所。相手が高所にいる際はあまりオススメできませんが、相手チームが1に固まっている際はこちらに降りることも大切です。

 以上の3点はあくまで主観的なものなので、基本的なリスタート場所として覚えておいてくださいね。


 いかがでしたか? 次回はまだヒミツ! お楽しみに!

  • PREV
  • TOP
  • NEXT