シューが主観で語るガンスト解説 ~日本橋編~

公式サポーター
2015
7.7
(TUE)

 どもども。公式サポーターのシューです。随分と日が空いてしまいましたが"シューが主観で語るガンスト解説~ステージ解説編~"の第2弾の大阪「日本橋」をお届けしますね!

nipponbashi_01.jpg

■日本橋編その1 ステージ中央を軸に押し引きをしていくのがカギ

 日本橋ステージは他のステージと違って長方形の細長い形をしているのが特徴で、正面から撃ち合いが発生しやすい構成になっています。

 戦う際に気を付けたいのが上記の俯瞰図から大きく分けて縦に3つの軸がある点。障害物となるビルが列挙し、隠れながら進軍のできる一番右端。障害物が少なく射線が通っている中央大通り。そして高所のビルが各スタート地点から近くにある一番左端になります。

 日本橋ではこの3つの軸を自分のWPや立ち位置から変えて戦うのがとても大切になります。

nipponbashi_02.jpg

 それらの特徴を踏まえた上で重要なのがステージ中央のビルの途切れた場所を起点にしたせめぎ合いになります。

 ステージの中央にあたるこの位置は前衛同士がぶつかり合いになりやすく、ここを突破されると一気に中後衛の味方に相手が流れ込んできます。反対に、この中央を押し切れば相手はステージの端へと追い込まれるので逃げ場も少なくとても有利になります。

nipponbashi_03.jpg

 戦闘開始位置A側は右側に高台のある広場のような場所。ビルに沿って真っ直ぐ進み、四角い看板を越えた先がステージの中央になります。

 戦闘開始位置Bと比べると中央近くに隠れられる場所こそ少ないものの正面のビル郡が戦闘開始位置Bよりも高く、中衛でも高所から相手を狙えるのが利点と言えます。また開始位置から右側のビルには隠れられる縦長の看板があり、長射程の武器を持つキャラがいる際はここから中央へ有利に射撃を行えます。

 前衛が中央へ向かい、中衛は中央ビルの高台を中心に立ち回り、後衛は戦闘開始位置の広場や右側のビルを利用して援護しましょう。相手が大通りや高台から狙ってくる際はビルの反対側に隠れたり、大通りのバスを壁にして防ぐ戦い方も重要になります。

nipponbashi_04.jpg

 戦闘開始位置B側は大通りからのスタート。戦闘開始と同時に素早く右側のビル、左側の高台と広く展開できるのが特徴です。右側のビル郡には中央近くにビルとビルの間のくぼみのような場所があり、中、後衛のキャラはこの地点から比較的安全に相手を狙えるのが強みですね。

 こちら側は右側のビル群のくぼみを起点に戦うのがセオリーですね。また開幕から右側のビル郡、左側の高台と広く展開できるので相手の編成やWP次第ではいち早く有利な戦い方を仕掛けることもできます。

 特に左側の高台は破壊されない場所としては、ステージで最も高い場所。相手に遠距離武器が少ない時は高台から有利に狙撃できます。が、相手のリスタートには注意しましょう。

■日本橋編その2 各ポジションのオススメWP

nipponbashi_05.jpg

 前衛役は全体的に武器の射程が短いので、広く射線の開けた日本橋はやや戦いにくい傾向にあります。その中でオススメなのが前回紹介した池袋と比べると、戦場の中心となる中央ビルから相手の中後衛までの距離が遠いのもあり羅漢堂旭の紅蓮型「ウォーリア」や、篠生茉莉の標準型&強襲型「スキャンパー」など機動力の高い前衛役がオススメですね。

 武器の射程が短い分、中央付近で相手の中衛をダウンさせつつ後衛に対して素早く攻撃しに行けるのが強みです。

 また、日本橋の前衛が強い所はステージ中央や右側のビル群上にいることで大通りや高所ビルなどに直ぐアプローチしに行ける点にあります。細長いステージだけに逃げ場も少なく、なるべくステージ中央に居座るのを意識するだけでも相手は動きにくくなってきます。そういう行動の抑制も前衛の仕事の1つになります

 中衛役は中央のせめぎ合いの際に相手を通さないように援護する日本橋の要と言っても過言ではない存在。必然的に正面からの撃ち合いになるので、指向性シールドやエリアシールドなどがあると相手が前進しにくくかなり有効ですね。

 そのため、個人的なオススメは片手にシールド系武装を持つ系統のWP全般です。また隠れる場所がビルの裏側やバスの裏と限られているので、上空から降らすことができるファイヤーグレネードランチャーや衛星迫撃砲、衛星ビーム砲のあるWPもオススメです。

 また、相手を通さないような奪ダウンや足止めを優先した立ち回りになるので、ライトニングガンやスタンラインガン、ハープーンガンといった妨害系のWPも輝きます。相手の前中衛を狙えるような位置から、味方の後衛を狙う相手を足止めするようなイメージで攻撃していくのが良いでしょう。

 後衛は高所を取るのはセオリーですが、ここは射線が正面に集中しやすいので相手の動きに合わせて立ち位置を変更していくのがポイントになります。

 例えば、戦闘開始位置Aの右側のビルを陣取った際に、相手側が全員ビル群を挟んだ所にいられたら射線も通らず、相手からしてもビルが盾になっているので狙撃が脅威ではなくなります。そこでなるべく相手がいるラインに合わせて場所を変えていくのも重要です。

 スナイパーライフルやアンチマテリアルライフルなど、奥行きのあるステージのため射程の長い武器を持つ後衛はどれも有利です。リスタートを除いて、相手が後衛に直ぐに攻撃できない点においてはオルガの標準型「スキーマー」系のWPも輝きます。ロックオンミサイルやプラズマ波動砲を持つキャラもかなり脅威な存在です。

■日本橋編その3 オススメリスタートポイント

nipponbashi_06.jpg

 日本橋の主なリスタート地点は写真の4点。1は主に戦闘開始位置B側が仲間と合流する際に降りる位置ですね。押し込まれている際は乱戦場所になっていることもあるので注意しましょう。

 2も戦闘開始位置Bから一番近い高台になります。高台なのでリスタートとして直ぐに攻撃されにくい利点もあります。また相手の中後衛がこの位置に陣取っている際に強襲しにいく際にも使われます。

 3と4も1と2と大体同じ理由です、日本橋は地形がほぼ鏡のようになっているので、リスタート時の場所も各戦闘開始位置近くか、その高台に。という事になります。状況によっては戦闘開始位置と真逆の位置が安全な場所になっていることもあるので注意しましょう。

 以上の4点はあくまで主観的なものであり、基本的な場所として覚えておいてくださいね。


 いかがでしたか? 次回は千葉ステージを解説していこうと思います!

  • PREV
  • TOP
  • NEXT