2015年7月|記事一覧

キャラクター&WP使用率のデータをお届け!(集計期間:6月25日~7月8日)

公式サポーター
2015
7.30
(THU)

 皆さんこんにちは! オフィシャルサポーターのYUです。すみません、ちょっと期間が空いてしまいましたが"キャラクターの使用率&勝率・WP使用率ランキング"をお届けいたします。

 ちなみに今回公開しているのはバージョンアップ前のデータとなります。近日中に公開する予定の最新勝率データと比較するために作成いたしましたので、参考になればと......。それではさっそくキャラクター使用率ランキングから行ってみましょう!

■キャラクター使用率ランキング

20150729_01.jpg

20150729_02.jpg

 全体のキャラ使用率はあまり大きな変化がありませんでしたが、S~GSランク帯では司とセイラの利用率がアップ、逆にしづねやレミーの使用率が低下していました。

■キャラクター別勝率

20150729_03.jpg

 こちらはキャラクター別の勝率データです。各ランク帯ごとにトップ3は青色、ワースト3は赤色で塗っています。全ランク、S~GS帯ともに司がトップという結果に。

■キャラクター別使用ウェポンパック トップ5

20150729_04.jpg

 "使用ウェポンパックランキング"では、勝率55%以上を青色、45%未満を赤色で塗っています。また、順位の横に前回との比較として、順位が上がったものは""、下がったものは""、変動なしは"―"で表記しています。

 全体での使用回数トップ3は司の撃滅型「フルフォース」Tune1、ジョナサンの標準型「ストライカー」Tune3、茉莉の強襲型「スキャンパー」Tune3という結果に。


 以上、"キャラクターの使用率&勝率・WP使用率ランキング"でした! さて、コストが大きく変化したバージョンアップを経て、これらのデータがどのように変化するのでしょうか? なるべく早めに最新データをお届けしたいと思いますのでお楽しみに!

エリアリーダー主催の"タイトー梅田カップ"をレポート!

公式サポーター
2015
7.28
(TUE)

 先月、6月21日に近畿地方のエリアリーダーである"とみぃ副会長(大阪)""ジョー様。""めるる"の3人が主催した"タイトー梅田カップ"におじゃましてきました!

 夏に控えている賞金制公式大会「GUNSLINGER'S BATTLE ARENA -Force-」を前に挑んだガンスリンガーたちの大会の模様、そしてエリアリーダーの奮闘っぷりをレポートしていきますね!

 タイトー梅田カップでは全20チーム80名が集まり、CランクからMASTERまで幅広いエントリーのあるかなり大規模な大会になっていました。

 大会ルールはA、Bブロックに分かれて、それぞれで2勝先取の勝ち上がり方式のトーナメントを行い、最終的に勝ち上がった2チームで決勝戦を行うというものです。

 全体的に終始和気あいあいとした雰囲気で進行しており、エリアリーダーの的確なまとめた方もあってかプレイヤーの移動や筐体のセッティングなど、スムーズに運営されていたのが印象的です。

 2勝先取のルールですが、勝敗が決着しても3戦目を必ず行う決まりがあり、どのチームも最後まで楽しめる点もとても良いと思いました。勝敗の決まった試合でも、3戦目でお互いに遊びの編成で楽しむ場面もありましたね!

 また、個人的に面白いなと思ったのがステージ。1試合目は京都「鴨川」、2試合目が兵庫「三宮」、3試合目が大阪「日本橋」と近畿地方のステージでまとめられてるのも遊び心があって良いですね。 その他にも『ガンスト2』ではおなじみですが、ゲームの大会では珍しい女性プレイヤーやコスプレイヤーの姿もありました。

umeda_03.jpg

umeda_04.jpg

 さて肝心要の大会内容について! まずは全体的な使用キャラを以下で確認しましょう。

umeda_05.jpg

 この大会はバージョンアップ前に行われたものですが、アップデート後でも環境の中心になっている司が使用率はトップ。次いで羅漢堂、ジョナサン、咲良と続きます。つい先日行われた公式コラボ大会「桜花乱舞杯」でも多かった高コスト編成が目立ちましたね。全体的にはジョナサンの標準型「ストライカー」を中心にした編成が多かったですね。

 平均的な攻撃力の高さから、高耐久力の前衛を置いているという印象を受けました。中には決戦型「オンスロート」で5回倒されてもなお、ひたすら前衛をし続けて勝つ! といったリカルドらしくない気合いと根性に満ち溢れた試合もありましたね。

 最終的に残ったのはAブロックから「シエル殺しに来ました」チーム、Bブロックからは「食べました。」チーム。色々と説明したい所はありますが、この2チームによる決勝戦は動画で確認していただいた方が早いと思いますので、是非動画でどうぞ!

 ということで優勝したのは「食べました。」チーム! 実はこの決勝戦、「食べました。」チームのも~りぃさんはそれまでストライカー系を使って前衛を張っていたのですが、決勝戦で爆装型「テンペスト」に変更。

 動画を観てもらうと分かりますが仲間と同じラインで戦う迎撃型にシフトしているのが分かります。個人的にはこの編成の多用性が勝因の1つなのではないかと思いました。賞金制公式大会「GUNSLINGER'S BATTLE ARENA-HOPE-」で優勝した「にょん」も同じく、相手やステージに合わせて色々と編成を変えていましたからね。

 ちなみにも~りぃさんは元々プラズマランチャーが得意だそうで、決勝戦でストライカーから変更したのも「相手の編成を見て爆装型「テンペスト」の方が活かせる」と思ったからだそうです。実際、鉄球ハンマーガンの射程よりもプラズマガンやプラズマランチャーの射程のが長いので、接近せずに相手のプロテクトを楽に破壊できますからね。

 大会の企画から実行まで、すべて自分たちで行った"タイトー梅田カップ"はとても完成度の高いイベントだなと思いました。

umeda_06.jpg

umeda_07.jpg


 特に大きな問題もなく皆が仲良く楽しみながら試合をできたのも、日頃からガンストプレイヤーと接して顔見知りになっているエリアリーダーのとみぃ副会長(大阪)、ジョー様、めるるたちの活動や人柄のお陰かなと感じましたね。改めてお疲れ様でした! またこういったイベントにお邪魔することがあればレポートしていきますので、よろしくお願いします!

最新アップデートについて中村氏にインタビュー!

公式サポーター
2015
7.21
(TUE)

 どもー! 公式サポーターのシューです。今回は"SQEXストラトス放送局"内でお伝えしたように、バイキングのバトルディレクター中村さんに最新アップデートの調整内容についてお伺いしてきました!

――Ver1.34では多くの上方修正が目立ちました。まずはそこの部分についてお聞かせください。

中村:前バージョンの環境の中心になっていた標準型「ストライカー」や撃滅型「フルフォース」、特攻型「ウォーリア」などのWPの性能に近付ける意図があったので、今回は全体的にキャラクターやWPの上方修正が多くなりました。

――WPのコスト交換も多く行われていましたね。

中村:全体的な共通点としては、環境を変化させたかったからです。使用率の高いWPのコストを上げ、その分の耐久力をアップ。使いにくかったWPは、コストを下げることでコスト調整や編成に組み込みやすくという目的があります。

――さらにWPのコスト交換についてですが、特に意見の大きかった鏡華とアーロンについて詳しくお聞かせください。

中村:強化型「ヒーラー」と遠距離型「ヒーラー」のコストを交換したのは、強化型「ヒーラー」が上位帯での採用率が高く編成に組み込みやすかった点が挙げられます。それらの"編成の固定化"を変更させたくてコスト交換を行いました。

 また、強化型「ヒーラー」の耐久力を上げた点については、回復ライフルのサブショット以外に明確なシールドを持っていないので、コストに合わせて上方修正を加えました。

 アーロンはレーザー兵装型「エキスパート」と中距離型「エキスパート」のコスト交換ですね。レーザー兵装型「エキスパート」はコストダウンさせたことで、コスト調整も含めてもっと使っていただくために行いました。

 中距離型「エキスパート」は名前の通り元々2落ち前衛向けのWPとして想定していなかったので、コストアップとそれに伴った耐久力アップを行い中距離での撃ち合いをもっとできるように修正しました。

――ライフル系武器のカメラ性能が向上した理由については?

中村:一番大きな理由は"当てにくい"という部分ですね。使用率を見ても使用者が少なく、「一部のプレイヤーしか使えない武器になっているのではないか?」と思い、カメラ性能を上げてもっと多くの方に使えるような武器に調整しました。

――ターレットライフルのカメラ性能向上についてとバトルライフルに修正を加えなかった点についてもお聞かせください。

 ターレットライフルに関しては「スキーマー」という足を止めて狙うWPという性質上、相手から狙われやすくどうしてもターレットライフルを構える時間や撃てる時間が減ってしまいます。そこで少ないチャンスを活かして欲しくカメラ性能を向上させたということです。

 ライフル系のカメラ性能向上から外れたバトルライフルですが、実はこの武器は元々カメラ性能が他のライフル系とは違いまして、マシンガン系と同じカメラ性能を有しています。またライフル系の中では連射性能が高く、射撃間隔も短く動きやすい武器なので調整には手を加えませんでした。

――鉄壁型「ガーディアン」のコストアップについてお聞かせください。

中村:やはり使用率が高い部分と、これだけの性能を有しているのでコストアップに踏み切りました。反対に使用率が高いからといってこれ以上性能を下げるということもしたくなかったので。

――しづねの旋回性能を上げた点や、遠距離型「デトネイター」のロケットランチャーの爆発範囲を向上させた点については?

中村:「アサシン」というWPを持つように暗殺者の設定もあり、もっと小回りの効いた動きができるようにしたかったのが大きな理由です。ロケットランチャーの爆発範囲を向上させた点については、任意起爆式ロケットランチャーと差別化をしたかったからですね。

 任意起爆式ロケットランチャーは空中でも起爆できるので当てられる瞬間が多くありますが、ロケットランチャーはそれができないので着弾時の爆風を広げて当てるチャンスを増やしたかったのが目的です。

――防衛型「センチネル」の耐久力がアップしたことを疑問に持つ方もいらっしゃいました。

中村:防衛型と名がつくように、耐久力も硬くあって欲しいという部分から、防御性能を特化させて、より長く味方を援護できるように向上させました。

――妨害型「クレヤボヤンス」のダブルスタイルを両方ともインパクトガンにしたのは思い切りましたね。

中村:妨害性能に特化させたかったのが大きな理由ですね。クセのあるインパクトグレネードよりも多くの人が使いやすい武器ですし、その分の自衛力の強化にも繋がっています。

――獅子型「ペネトレイター」のTuneが変更された理由については?

中村:デメリットに対してのメリットの恩恵をもっと大きくさせたかったからですね。チューンすることで連射性能がかなり向上するので、近距離での瞬間的な撃ち合いにはかなり強くなっていますよ。

――「ステルス装置は修正しないんですか?」という意見も多かったですが、それについてはいかがですか?

中村:これに関してはかなり慎重に調整しているので、もう少々お待ちください。ただステルス中の被ダメージ量は前作と比べてかなり下げているので、大ダメージを受けることは少なくなっていると思います。


 というわけで最新アップデートのインタビューは以上になります。皆さん、いかがでしたか? 来月に控えている"GUNSLINGER'S BATTLE ARENA -Force-"に向けて色々と変更された今バージョンで戦っていきましょう! それではまた次回更新で。

『ガンスト』イベントスケジュールまとめ!(7月18日~7月26日)

公式サポーター
2015
7.17
(FRI)

 皆さんこんにちは! オフィシャルサポーターのYUです。今回も、今週末から来週末にかけて開催される店舗イベントのスケジュールまとめをお届けします。

 今後も定期的に情報をまとめていきたいと思いますので、イベント情報などありましたら私のTwitterアカウント(@YU_Gamewriter)にリプライを送るか、【#ガンスト大会・交流会】のタグをつけてツイートしていただけると助かります!

■関東エリア

・7月18日(土)タイトーイン綾瀬(東京都)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】19:00~
【定員】先着16名
【参加費】300円
 タイトーステーション柏店との店舗交流対戦会。

・7月18日(土)タイトーステーション柏店(東京都)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】19:00~
【定員】先着16名
【参加費】300円
 タイトーイン綾瀬店との店舗交流対戦会。

・7月26日(日)タイトーステーション新宿南口GW店(東京都)
【イベント名】初・中級者交流会
【時間】13:00~
【定員】16名
【参加費】300円
 参加資格はメインカードの最高ランクがA以下であること。

■北陸・甲信越エリア

・7月18日(土)タイトーステーション松本店(長野県)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】19:00~20:00
【定員】特になし
【参加費】300円
 北陸甲信越エリアリーダー・五月七日さん主催イベント。
 タイトーFステーション梅田店との店舗交流対戦会。
 ネタ編成オンリーで1時間ぶん回し!

・7月26日(日)タイトーステーション松本店(長野県)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】18:00~
【定員】不明
【参加費】不明
 タイトーステーション浜松店との店舗交流対戦会。

■東海エリア

・7月19日(日)タイトーステーション大須店(愛知県)
【イベント名】タイトーステーション大須 第2回交流会
【時間】17:00~20:00
【定員】24名
【参加費】500円
 東海エリアリーダー・磨爺狩★らぴすさん主催イベント。
 バーストの楽しさや基本的な立ち回りを、特別講師を交えてレクチャー。
 講師として、"はやてちゃん"さん、"アルティメット神威"さん、
 "ソロモン"さん、"みさ"さん、"パスカル"さん、
 "雪村すもも"さんが参加予定。
 対象ランクはAAAまで

・7月26日(日)タイトーステーション浜松店(静岡県)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】18:00~
【定員】不明
【参加費】不明
 タイトーステーション松本店との店舗交流対戦会。

■近畿エリア

・7月18日(土)タイトーFステーション梅田店(大阪府)
【イベント名】ガンスト交流戦
【時間】19:00~20:00
【定員】特になし
【参加費】無料
 近畿エリアリーダー・とみぃ副会長さん主催イベント。
 タイトーステーション松本店との店舗交流対戦会。
 ネタ編成オンリーで1時間ぶん回し!

■九州・沖縄エリア

・7月19日(日)サンゲームス熊本インタープラザ店(熊本県)
【イベント名】勝利の女神決定戦
【時間】18:00~20:00
【定員】無制限
【参加費】200円
 九州・沖縄エリアリーダー・うちぃさん主催イベント。
 参加者を毎試合シャッフルしてバーストを組み、全国対戦をプレイ!
 勝った試合に最も多く参加したプレイヤーを決定
 いろんなプレイヤーとバーストを楽しむ目的もあるので是非ご参加を!

シューが主観で語るガンスト解説 ~千葉編~

公式サポーター
2015
7.15
(WED)

 はいはい~。公式サポーターのシューでーす。"シューが主観で語るガンスト解説~ステージ解説編~"第3回目は高低差が激しく、かなり広い千葉ステージの解説をしていきますよ~!

chiba_01.jpg

■千葉編その1 高所の確保と破壊されない看板の利用

 千葉ステージは前作にも存在した高低差の激しいとても広いステージです。ここでカギになるのがズバリ上記写真で言う左側の建物になります。この位置は千葉ステージ内で最も高い位置になり、高所からの攻撃が有利な『ガンスト2』においてとても大切な場所と言えます。

chiba_02.jpg

 日本橋ステージと同様に射線が開けており撃ち合いになりやすいものの、ここでは攻撃で破壊されない特殊な看板が存在しており、これらを盾にすることで被ダメージを抑えられます。ただし爆風は貫通するので相手の持つ武器を考えて隠れるようにしましょう。

chiba_03.jpg

 基本的には高台からの攻撃が中心になります。そのため、中遠距離系の武器を持つWPが活躍しやすいステージですね。反対に射程の短い武器の多い前衛向けのWPは戦いにくい傾向にあります。

chiba_04.jpg

 また、正面からの撃ち合いにはなりにくいので、指向性シールドなどの盾による前線維持にはあまり向いていないのも挙げられます。広めのステージだけにスプレッドビームランチャーやプラズマ波動砲、サイキックバインドなどの広範囲武器が有効です。

chiba_05.jpg

■千葉編その2 各ポジションのオススメWP

chiba_06.jpg

 前衛役は、広いステージなので日本橋の時と同様に機動力で相手に接近していく羅漢堂旭の紅蓮型「ウォーリア」や篠生茉莉の標準型&強襲型「スキャンパー」などがオススメ。

 先のWPに比べると機動力は下がりますが、ジョナサンの標準型「テンペスト」もスプレッドビームランチャーによる制圧力の高さからオススメに挙げられます。

 前衛役で大切なのは、いかに高所へ登るか? になります。味方が戦っている所に紛れて乱戦にさせたり、一直線に高台に向かわず周囲のビルを経由して接近するなどを試すといいですね。

 また、接近したい相手の中後衛が高所にいる際に下から普通に登るとターゲットラインによって気付かれて迎撃されることもあります。そういう場合は、フリーカメラにして接近するだけでも気付かれずに高所にたどり着くことがあります。もちろんリスタートで強襲することも忘れずに。

 中衛役は高台に登る相手への攻撃、または高台にいる相手への攻撃を考えると大体射程50~70m前後の武器があるのが望ましいです。主にレーザー系の武器やマシンガン、ガトリングガン系ですね。衛星迫撃砲、衛星ビーム砲によるアプローチも強力です。

 中衛としては相手を高台にキープさせ続けないのが大切ですね。そして自分が占拠し、有利に立ち回れるようにするのが重要な立ち位置になります。

 高低差が激しい分、直線的な武器の多い後衛役は位置取りが難しいです。あえて一番高い建物を避け、近くの高いビルの上を陣取ることも大切になります。回復役は中衛役の味方の近くにいるのを心がけるのが良いですね。とくにヘッドショットを入れやすくなる関係で高所は譲れないと思います。

■千葉編その3 オススメリスタートポイント

chiba_08.jpg

 千葉の主なリスタート地点は大きく分けて写真の3点。1は千葉ステージでもっとも大切な高所である高台。破壊されないふなっしーの看板もあり、いざというときは防空壕的な役割もできます。

 2は1と同じ高さのビルで、相手が1に固まってる時にリスタートして攻撃する際に最適。また戦闘開始位置B側の後衛がこの高台にいることも多く、リスタートによる強襲が便利です。

 3は主戦場が中央になっている際にリスタートする場所。相手が高所にいる際はあまりオススメできませんが、相手チームが1に固まっている際はこちらに降りることも大切です。

 以上の3点はあくまで主観的なものなので、基本的なリスタート場所として覚えておいてくださいね。


 いかがでしたか? 次回はまだヒミツ! お楽しみに!